お問い合わせ

03-3510-1616
受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

English

コラム

イベントレポート編

第31回 インターフェックスジャパン 出展報告

Interphex2018tokyo_top

製薬業向けに「連続生産」「IoT/AI」といった注目のキーワードで出展

インターフェックスジャパン(医薬品 研究開発・製造技術国際展)は、医薬品業界ではアジア最大級の展示会です。今年は2018年6月27日(水)~29日(金)に東京ビッグサイトで開催され、数多くの出展があり盛況でした。

今回は、B-EN-Gは、東洋エンジニアリング(略称:TOYO)とテックプロジェクトサービス(略称:TPS)と3社共同出展という形をとりました。ブース内で、製薬業向けに「連続生産」「IoT/AI」といった注目のキーワードに関して、IT分野で展示およびプレゼンテーションを実施しました。

展示及びプレゼンテーション

テーマ1 医薬品工場でのIoT・AI適用事例紹介

医薬品製造の課題として、生産能力増強と安定供給、バイオ医薬品の製造、生産・製造の高度化などを挙げ、これらに対し、「攻め」と「守り」の両面でアプローチする必要があるとしました。IoTやAIの適用事例を3つ取り上げ、この「攻め」と「守り」の面から解説しました。

 

テーマ2 連続生産にむけたシステム導入とAIによる生産性改革

連続生産では、工程中のリアルタイム測定値を基に、”適・不適”を判定して次工程に移るため、PAT(Process Analytics Technology)ツールとMESの連携がカギであることを図を用いて説明しました。また、継続的な改善への取り組みの例として、AIの活用、最後に生産設備のデータインテグリティ対応についても触れました。

 

テーマ3 品質クレームを宝に変える ~現場のデータを無理なく共有・活用~

苦情処理等の品質イベントに関するプロセスをスピーディに漏れなく進行させるため、「iPadを用いた現場入力システム」iPadを用いた現場入力支援システム」と「Business b-ridge」による品質保証のシナリオをデモンストレーションでご紹介しました。

 Interphex2018_展示の模様 Interphex2018_ミニプレゼン
     

そのほか、ラボのデータインテグリティを実現する「NuGenesis」や「クラウドサービス活用時のCSVコンサルティング」などのリーフレット展示をしました。

TOYOグループの医薬エンジニアリングにつきましては、テックプロジェクトサービスのホームページご覧ください。

ご来場いただいた皆様には、展示ソリューションに関するご意見、ご要望、今後に寄せる期待の言葉など数多くいただきました。心より感謝申し上げます。

 

テーマ関連ソリューション

製造パフォーマンスを管理 SAP MII

製造品質カイゼンのための解析ソリューション DELMIA Operations Intelligence

計画・制御・実行の各レイヤーのデータを統合し現場のデジタルデータをマネジメント mcframe SIGNALCHAIN

パッケージ化されていない業務プロセスをデジタル化するためのアプリケーション基盤 Business b-ridge

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
新規CTA