お問い合わせ

03-3510-1616
受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

English

コラム

イベントレポート編

JSUG Conference 2018 講演&展示報告

JUSG Conference2018は、SAPジャパンユーザーグループ(JSUG)の2018年最大規模のイベントです。今年は2018年12月7日(金)にシェラトン都ホテル東京で開催されました。

B-EN-Gは、Goldスポンサーとして参画し、SAP S/4HANAとSAP S/4HANA Cloudについてセッションと展示でご紹介しました。

B-EN-G講演

タイトル:
「目で見て感じるSAP S/4HANA~デジタル変革への道~」

日 時:2018年12月7日(金) 14:10~14:55(45分)
講演者:ソリューション事業本部 エンタープライズ ソリューション本部 経営管理ソリューション1部
    朝比奈 祐介、粕谷 勇介

 

概要:

本講演は、タイトルにあるように、デジタル変革に対応する次世代基盤であるSAP S/4HANAの実像を、SAP S/4HANA Cloudのデモを実際に見て、体感していただくことを目的にセッションを展開しました。

「デジタル変革」「デジタルイノベーション」と随所で言われていますが、各システムが古いアーキテクチャーのまま先端テクノロジーを導入したとしても、その効果は限定されてしまいます。
目指すビジネスの姿を実現するために、システムをどう組み立てるか?
B-EN-G 朝比奈 祐介
この命題に対し、本講演では、システムがSoR/SoE/SoIに分類でき、この方法で役割を明確にしながらシステム資産を棚卸することを実際の事例も含めながら推奨しました。

※SoR:System of Record /SoE:System of Engagement /SoI:System of Insight

次に、ERPなどのSoRは、SoI/SoEでのデータ利活用を前提としたアーキテクチャーや機能が求められることをお伝えし、
SoRに属するSAP S/4HANAがアーキテクチャを刷新した次世代ERPであり、「デジタル変革」基盤の有力な選択値の一つであると位置づけました。


その後、SAP S/4HANAのデモンストレーションを行いました。B-EN-G 粕谷 勇介
デモでは、従業員の生産性・データに基づく業績の管理・業務プロセスの自動化に焦点を当てて行い、ご覧いただいた方々からは「S/4HANA、Fioriについて使い易さが実感できた」「分かりやすい」等の感想が多数寄せられました。
また講演全体では「デジタル変革の進め方が分かりやすかった」「事例が分かりやすかった」などのコメントをいただきました。
※講演資料をご希望の場合は、お問い合せページにて受け付けております。

展示コーナー展示ブース

ブースでは、講演でもご紹介した「SAP S/4HANA Cloud」のデモを中心にご紹介しました。

ご来場いただいた皆様には、展示ソリューションに関するご意見、ご要望、今後に寄せる期待の言葉など数多くいただきました。心より感謝申し上げます。

 

テーマ関連ソリューション

SAP S/4HANAへの移行特集ページ

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
新規CTA